腰痛が発生する原因を把握して改善方法を調べよう

誰しもが苦しんでいる腰痛の改善方法を知ろう

正座やあぐらといったような座る文化を持っている日本人は、外国人と比較すると腰の筋肉量が少なくて、腰痛になりやすいと言われています。データで見てみると国民の約10人に1人は腰痛に悩んでいるとの結果があります。そのため、まずは腰痛の原因などを把握してちゃんとした改善方法を行なうことが大事です。

腰痛が発生するポイントをチェック

外傷やけがによるもの

これは主に事故やスポーツ、もしくは転んだ際に出来たけがによって発生する腰痛になります。この痛みの特徴は、けがをしたときにすぐに痛みが発生することでしょう。打撲や捻挫、骨折、筋肉やじん帯の断裂などがあります。また、これらの不慮の事故に限らずに骨がもろくなって骨折を起こしやすくなったり、腰を急にひねり過ぎたことによる捻挫、成長期に過度な運動によって発生する脊椎分離症なども外傷の痛みになります。このタイプの腰痛の改善方法は悪化する前に、安静や冷却などを行なうことが大事です。そのあとに念のため病院を受診して、検査を受けると良いでしょう。

筋肉の疲労が溜まる

毎日同じような姿勢で作業を行なっていたり、運動や中腰の姿勢などによって過度の負担が続いてしまうと、筋肉に疲労が溜まって炎症が発生してしまいます。その結果、腰痛になってしまうでしょう。筋肉疲労による腰痛の症状は重怠さやハリ、鈍い痛みなどが特徴になります。要するに筋肉痛の状態に近いですが、この状態で急に捻ったり、重いものを持ち上げるなどの負担をかけるような動作をしてしまうと、ぎっくり腰のような状態にまで発展します。そのため、定期的に姿勢を変えたり、中腰の姿勢をなるべくしないことを日常生活の中で意識することが大切でしょう。

神経の障害

神経に何かしらの障害が起こってしまい腰痛が発生すると、主に坐骨神経痛が原因と言われています。神経痛とは、神経にダメージや損害が加わることで痛みを感じてしまう病気になります。腰に限らずに色々な部位に発生するのが特徴です。特に腰の場合ですと、坐骨神経と呼ばれる神経が圧迫されて炎症が発生するパターンが多いです。発生する痛みはチクチクやピリピリといった表現がよく使用され、表面的な痛みが起こります。この症状を放置しておくと歩行障害などが発生します。そうならないためにも、神経痛が起こしている原因となる障害を排除することが一番の改善方法でしょう。

精神的なストレス

腰痛は身体の組織の障害などによって発生すると考えられていますが、実はストレスや不安などの感情が原因で起こる腰痛もあります。これを心因性腰痛と呼んでいます。ストレスなどの心因性のトラブルが原因として関係してくると、症状の出方や程度が人によって違いがあるので、ストレスが大きいほど痛みが強く出てしまったり、腰痛になる危険性も非常に高いと言えます。また、腰痛を経験した人はその経験がストレスとなって悪化や再発のリスクが高まって、慢性化してしまうケースがあります。この腰痛の改善方法としては、ストレスを上手く発散出来るようにリフレッシュをするのが良いです。

内臓の病気からくる痛み

内臓の病気が腰痛の原因になっていることもあると聞くと、具体的なイメージが出来ませんが、実際は胃や肝臓、腎臓、子宮などに病気があると腰痛が発生してしまうことがあります。内臓はちょうど腰の前あたりに集中しているので、内臓に病気があるとその臓器や周りにある腰に痛みが出ることになります。痛みの出方は色々なパターンがあり、腰と病気にかかった臓器が離れているのに痛みを感じてしまう放散痛や病気にかかった臓器とは異なる場所にて痛みを感じる関連痛などがあります。内臓から発生する腰痛は昼夜問わずに痛みを感じるので、このような症状に気付いたら病院に行きましょう。

腰痛を改善するためのQ&A

病院に行った方が良いタイミングを教えて!

腰痛には急性と慢性があって、痛みや症状など個人差が大きいです。基本的に痛みが長く続いている場合やどんな姿勢になっても痛みが発生する、安静にしても痛みが解消しない腰痛は病院に行って検査を行なった方が良いでしょう。

腰痛になったときはどこの病院に行けばいいの?

腰痛の症状に合わせた病院を選ぶことが大切です。足の痺れや感覚障害がある場合は整形外科、急に痛みが発生して腰以外には症状がない場合は整骨院、腰以外にも症状があって長時間立ってられない場合は鍼灸に行くようにしましょう。

腰痛が発生する原因が知りたい!

腰痛の原因を具体的に把握したい場合は、インターネットで利用できる原因別のチェックポイントをまとめたチェックシートを利用しましょう。このチェックシートを利用することで、個別の対策法や改善方法を把握することが出来ますよ。

腰痛グッズを購入するときに気を付けるポイントは?

腰痛の改善方法としてグッズを利用するのは良いことですね。腰痛グッズを購入する際は「効果」「価格」「手軽さ」の3点を注目して選ぶと良いでしょう。特に症状を緩和してくれる即効性と効果が長持ちする持続性が大事です。

腰痛のときは患部を温めたほうが良いですか?

腰痛の中にも温めたらいけないタイプがあるので、気を付けましょう。ぎっくり腰などの炎症と痛みが強い腰痛は、基本的に温めるのはNGになります。温めることで炎症が進んで、痛みも強くなる場合があります。間違いやすいので覚えておきましょう。

専門的な治療が必要な腰痛とは

ぎっくり腰や急性腰痛

ぎっくり腰や急性腰痛になると突然激しい痛みに襲われて、動けなくなりその場に座り込んでしまいます。原因としては、重い荷物などを持ち上げようとしたり、くしゃみをしたりした時に発症することが多いようです。このようにぎっくり腰は急に強い痛みが発生するので「急性腰痛症」「突発性腰痛症」と呼ばれており、慢性腰痛とは区別されます。ぎっくり腰が発生してしまったら、数日間は絶対安静にして念のため病院に行くようにしましょう。また、日常的に身体を鍛えることで発症しにくくなりますよ。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは急に強い痛みが発生する急性椎間板ヘルニアと、鈍い痛みが長時間続いて治らない慢性椎間板ヘルニアがあります。骨と骨の間に存在している椎間板と呼ばれているクッションが、加齢や衝撃で潰れてしまったり亀裂が入って外に飛び出し、神経を刺激するために痛みを感じてしまいます。重度の椎間板ヘルニアになってしまうと、外科的手術での治療を行なう必要があります。また、放置してしまうと悪化する可能性があるので、やはり専門医による適切な治療が必要になります。

脊柱管狭窄症

この脊柱管狭窄症で特に多いのが加齢による変形になります。脊髄が入った管の周りに骨がトゲ状になる、椎間板にで出っ張りが出来る、または間接が大きくなるなどをして管の中の神経を圧迫したり刺激を与えることが原因になっています。腰の痛みよりも足に起こる痺れや痛みが特徴となっており、必ずしも腰痛が発生しないことが判明しています。適切なケアやアドバイスを受けて改善を図ることが重要になっており、病院にて受診して薬物療法や装具療法を行なうのが一般的になっています。

脊椎すべり症や腰椎分離症

何かしらスポーツを行なっている中高生くらいの成長期の子供によくみられる病気で、スポーツ障害として広く知られているのが脊椎すべり症や腰痛分裂症になります。具体的には3つの種類に分かれており、腰椎分裂症を伴う「分裂すべり症」と分裂を友わない「変性すべり症」「形成不全性すべり症」があります。この腰痛は運動をしているときに痛みが発生するのが特徴で、腰を後ろに反ったり捻ったりすると強く痛みます。主にコルセットや専門のマッサージを行なう必要があります。

腰痛を緩和させるために

自分で出来る腰痛の改善方法

すぐに実施できるセルフケア

腰痛を改善させるために効果的とされているグッズや改善方法を見てみましょう。主に湿布やネックレス、ベルトなどが使用されています。マッサージやストレッチも腰痛には効果的ですよ。

READ MORE
広告募集中